まんまるお月様が綺麗な夜。

23:55

こんばんは。
先ほどナイトダイビングが帰ってきました。
ただいま。
真ん丸お月様が最高に綺麗です。公也です。

今日の慶良間もカンカン照り。

20070630_234010496.jpg


最高気温33度と絶好調の天気です。
そんな今日は、船長&船底掃除。

船底掃除中にこっそり撮った『マルスズメ』のベイビーです。

20070630_234116381.jpg


このサイズがかわいいんですよ~。
しかし、尾びれが・・・。可愛そうに・・・。

20070630_234035002.jpg


明日から7月突入ですね。
早いなぁ・・・。


お気に入りのハイビスカス。

21:56

昨日は久しぶりに、船長ひでさんと居酒屋白鯨へ。
新鮮なお刺身はやはり最高であります。
ひでさんと飲んだ後は、からはーいさんとこに潜入。
2時までガッツリ飲んじゃいました。。。
今朝は、ちょっぴりグロッキー。。。公也です。

ギラギラとした太陽。
咲き乱れるハイビスカス。
やっぱり南国はこうでなくっちゃね。
風は少し強かったですが、気持ちのよい一日でしたよん。

ホテルシードルンのハイビスカス。
綺麗ですよ~。

20070628_214335885.jpg


自分のお気に入りは、この黄色いハイビスカス。
綺麗ですよ~。

20070628_214458443.jpg


今日は船長&船底そうじ。
船底掃除の合間にこっそり撮った一枚。

『モンツキカエルウオ』

20070628_213448907.jpg


モンツキいる浅瀬には、各種スズメダイの可愛い幼魚たちもいました。

明日は。。。
やっと、ガイドが回ってきました!!
ガッツリ、窒素を頂きたいと思います。

20070628_213223838.jpg


夏ですよ!!

23:42

こんばんは。
いよいよ、夏到来ですね。
ここ最近、快晴続きで肌の色は、こげ茶色。。。紫外線が恐ろしい。。。

さて、ここ数日は忙しくさせていただきました。
フィッシュウォッチャー軍団のヨコスイさんに名古屋のやかまし娘。いや、かしまし娘。
どちらとも、一日づつしか担当できなかったので、完全燃焼できなかったですが、最高でした!!

『THE YOKOSUI』

20070625_233321036.jpg


この中のにし○さんご提供写真はこちら。

『ペラピグ』

20070625_232637395.jpg


水深15mに生息する、極めて稀なかわいこちゃんです。
探すのに時間かかるっす。。。

『クマノミ』
綺麗な写真です。

20070625_232658456.jpg


あっ。。。
かしまし娘の写真を撮るの忘れた。。。しまった。。。
今回、ミヨコ嬢とヨウコ嬢が100本記念を迎えられました。おめでとう!!
そして、かしまし娘リーダーのリョータさん。ご苦労さんでした。




海の忍者。

22:20

こんばんは。
もう梅雨明けかな?!と思わせるほどのナイスな天気でした。

そんな今日はオ~~~フ。
午前中は、慶良間を守るため『オニヒトデ駆除作業』にいってきました。
午後からは、久しぶりにフィルムカメラを持ってFUNダイビング。仕上がりが楽しみです。
昨日は、夜時間があったので、一人でナイトダイビングに出かけました。
甲殻類がウジャウジャいるナイトは、ホント幸せ・・・。
ほとんど動かずに、50分を過ごしました。

『ソメンヤドカリ』

20070620_214908976.jpg


背中にベニヒモイソギンチャクを乗っけております。
引越しするとき(貝殻を変えるとき)は、ちゃんと新築のお家に移動させる健気なヤドカリ君です。

『モクズショイ』

20070620_214924629.jpg


海の忍者として、テレビ番組で紹介されていました。
カイメンや海藻片などを付着させてカムフラージュします。
もともとは、ツルッとした体なんですが、はさみで藻やカイメンをカットします。
自分の体にしっかりくっつけさせる為に、口から粘液を出し(接着剤代わりに)一つ一つ丁寧に、メイクするわけです。
海の中でも、特殊メイクは存在するわけなんです。。。すごい。

夏至南風(カーチベー)

21:44

こんにちは。
今日は久しぶりのオフとなりました。
こんなときに限って、海が穏やかなのは、日頃の行いが悪いせいなのか・・・。公也です。

『夏はまもなく到来よ』と自然が感じさせてくれます。
6月後半から7月にかけて吹く、南南西の季節風『カーチベー』
結構、強い風なのでポイント選びに困るっす。。。

先日、民宿『宝生』で働いている友人、ユタカに手作りのケーキを頂いた。
さすが元パティシエ。かなりうまかった。
周りの民宿のヘルパーさんたちが、本を片手にアドバイスを受けに来ている。すげぇ~。

さて、今日は『真謝の浜』でビーチダイビングDAYとなりました。
誰一人いなかったので、独占状態。120分ほど遊んできましたよん。

阿嘉島に上陸した7年前は、真謝の浜に道路はなく、エントリー口にテトラもなく、綺麗な砂浜であったが、現在は整備されてしまいました。
(いいのやら・・・わるいのやら・・・)
働き始めて1年間は『送迎とタンクチャージ』ばかりで、なかなか海に入らせてもらえなかったような気がする。
今思えば、この修行が良かったと思えます。
空いた時間にこの『真謝の浜』にきて、癒されていました・・・。(懐かしいなぁ・・・)
自分にとっては、思い出いっぱいの真謝の浜なんです。
そんな話はさておき・・・。

今日も、ものすごく潮が引いていました。
入ってすぐ、テトラに目を向けると『トントンミー』がいっぱい。可愛いやつらです。
帰りに撮ろうと思ってましたが、忘れていました。。。

サンゴにはスズメダイの幼魚たちがいっぱいいましたよ。
その中でも、ハートを鷲づかみされてしまったのが『クロスズメの幼魚』

20070616_200011228.jpg


岩陰には『オイランヨウジのちび』

20070616_200116592.jpg


砂地に行くと『オオエラキヌハダウミウシ』の産卵シーンに出会えました。
まさに、産卵中でございました。

20070616_200209839.jpg


すぐ隣には『タツノハトコ』
なかなかうまく撮影できません。。。

20070616_200238930.jpg


『ツマジロサンゴヤドカリ』
よく見かけるヤドカリ君です。

20070616_200330334.jpg


その他にも、なぞの生物たちが・・・。
まだまだ、勉強不足です・・・。水中の世界は奥深い。。。
もっともっと、勉強が必要のようです。長い目で見守ってくださいませ。。。




もうすぐ梅雨明けかな。

21:10

こんばんは。
今日も天気がよく、梅雨を感じさせない一日となりました。
しか~し、まだ梅雨明けではありましぇん。
海のほうは・・・風が強く、時化てました。

昨日と今日は、船長さんで海には潜っておりません。
あっ、港で船底掃除をしたので、少しは潜ったなぁ。。。

久しぶりに、Ⅲの船長で、大変でした。
この船がまた・・・言うこと聞かないんですよ。。。。(形もユニークなんです)
島の人からは『でっかいアイロン』という愛称?!がつけられているのであった。

下の写真は『コマチコシオリエビ』

20070615_203911894.jpg


ウミシダに生息する可愛いコシオリエビです。
潮が流れていたせいか、見やすい位置におりました。
決して、ウミシダをいじめないように、撮影してくださいよ~。


今日はカラッと晴れました。

00:33

ども~~~。
梅雨真っ只中の慶良間ですが、今日はからっと、晴れました。湿度は高いけどね。。。
お客さんも、多くなってきて、夏を感じる季節となりました。
バリバリ働きまっせ~。

12年ぶりに、同級生からの連絡があった。
中学時代の野球部のエース。
それほど親しくなかったですが、うれしいもんですね!

昨日、一緒に潜ったメンバー。
会話が途切れることのない、愉快なメンバーでした。
ログ付けも盛り上がり、楽しい一時を過ごしました。

20070614_212023876.jpg


写真は『ミヤケテグリ』
アダン下にいる、可愛い子です。

20070614_214716953.jpg



夜食は日課。

00:47

連日連夜、焼きそば・ラーメン・パスタ・・・。
メタボリックにまっしぐら。。。公也です。
そりゃぁ、お腹も出てくるわ。。。
しか~し、禁煙はまだ続いてますよん!!

さて、今日もガイドして来ましたよ。
『ガヒブツ』『阿真ビーチ』『前浜』の三本です。

ガヒブツは、アイドルのオオモンカエルアンコウ君が健在。
暖かく見守り続けていたフリソデエビは、何者かによって抹殺されていました。。。
岩をひっくり返したら、ちゃんと元に戻して欲しいもんです。。。
頼んますよ。。。

『アラリウミウシ』
久しぶりにみましたよん。

20070612_3324580.jpg



阿真では、ハゼを堪能してきました。
ツノザヤウミウシも見ることができて、大満足!!

20070612_4137459.jpg


最後は前浜で〆。
エントリー付近には、ツバメウオが群れてます。
タツノハトコのちびもいましたよ。

『オオエラキヌハダウミウシ』こいつも久しぶりに見たウミウシ。

20070612_3239976.jpg


キンメもたくさん群れてるし、慶良間らしい雰囲気が漂っているポイントです。

あしたは、少し時化そうです。
安全運転でがんばります。






にぎやかでっせ。(パート2)

23:11

こんばんは。
本日も、濃い~メンバー?!で潜ってきました。
常連さんが、集合しているので今夜もにぎやか。。。
ついていくのが、やっとこさ、公也です。
今日のメンバーです。

20070610_225319674.jpg


朝は、少し流れてましたが久場島へ。
高い確率でネムリブカ(サメ)が観察できます。
結構でかいんですよ~。

午後は、『アカネハナゴイ』を見にいきました。
キンギョハナダイに数匹混じって泳いでいます。

最後は、ヤカラへ。
暖かく見守り続けている『カンザシヤドカリsp』は今も尚、健在!!
綺麗ですよん!!

20070610_225706290.jpg


『ヒメイソギンチャクエビ』
レントゲンの写真のような、模様してます。。。

20070610_225342817.jpg



明日も濃い~メンバーと潜ってきます。
負けないようにがんばるっす。。。

にぎやかでっせ。

22:53

こんばんは。
サンゴの一斉産卵も無事に終了し、ようやく落ち着きを取り戻した、公也です。。


20070609_224905179.jpg


『一斉産卵』

20070609_224919359.jpg


いがった、いがった。。。
毎年、産卵の現場に立ち会いますが、やはり感動しますね。
何度見ても、神秘的です。

さて、昨日のログですが、『とりもぐ応援人』でもある『ランママ』さんが900本を迎えました。

20070609_223739583.jpg


世界中を潜りまくって、顔の広いランママさんです。

20070609_223711643.jpg


そんなランママさんのリクエスト、『バイオレットボクサーシュリンプ』

20070609_224107922.jpg


撮影しやすいし、可愛い『ベンケイハゼ』

20070609_223843545.jpg


現在、にぎやかな?!?!ゲストが集結してるので、しばらく盛り上がり続けるでしょう。。。
明日も、ガイドでガッツリ潜ってきます!!

ウスエダミドリイシ産卵。

19:55

本日、阿嘉島臨海研究所が実験用に設置したサンゴ(ウスエダミドリイシ)が一斉産卵しました。
港の近くに設置されたサンゴを毎日データ取りし、産卵間際に回収し、水槽内で産卵させ、確実に受精させるという。
水槽内での産卵でしたが、やはり感動しますね。

マジャの浜のウスエダミドリイシの産卵は、明日か明後日に必ず行われるでしょう。とAMSL谷口氏が断言していました。
過去のデータを分析しても、満月から10日以内には必ず産卵しているみたいです。
そのリミットが『残り2日』ということです。

産卵後は、その日のうちに受精するようです。
幼生になれば、自ら泳ぎ着床するとか。
生命の誕生ってすばらしい。

『今から産卵。まだ、サンゴに卵がくっついている状態』

20070606_194712070.jpg


『産卵中。水面に卵がプカプカ』
20070606_194725690.jpg


『水面に浮いた卵。形が崩れているのは、受精の為に、はじけているところ』
20070606_194744257.jpg


さて、次は海の中で観察です。

自然って厳しい。。。

16:31

猛烈なスコールにより、昨日のマジャはアマゾン川。
こりゃぁ~、産卵しても見えないでっせ。。。
自然って厳しいもんです。。。公也です。

連日、サンゴの産卵関係でバタバタしており、ブログがおろそかになっております。。。
今日はオフなので、今のうちにブログアップします。

過去ログから。
産卵狙いで、来島された常連T本さん。
残念ながら、ミドリイシの一斉産卵はお預けになりましたが、楽しく潜りました。
そのときのメンバーっす。

20070606_161641228.jpg


写真を見ると、この日は最高の天気ですね。。。
確かこの日は・・・。内海攻めだったような。。。
(すいません。記憶が。。。飛んでる。。。)
マクロ生物主体でガイドしたと思われます。
『ヤシャハゼ』

20070606_161728206.jpg


他にも、珍しいヒメホソウミヤッコも見れました。

昨日のメンバーはこちら。

20070606_161703660.jpg


外洋リクエストでしたが、風が強く、時化ていたので『送電線』と『うなん崎』へ。
『ベンテンコモンエビ』
ユカタハタをクリーニング中っす。

20070606_161846849.jpg


『テンテンウミウシ』

20070606_161606058.jpg


久しぶりに行ったうなん崎も、なかなか楽しかったです。
普段、お目にかかれないヤドカリちゃんもいたので、また調査をしなくっちゃ。
では、今日も産卵情報を聞きにいってきます。。。

実況中継。

14:15

さぁ、まもなくゴールするであろう季節となりました。
スタートからゴールまで、42.195キロを一年かけて走り続けているランナー達。
ゴール地点には、数日前から駆けつけているファンの皆様も、大勢集結しております。
期待で胸いっぱいの人、今か今かとそわそわしている人、手を合わせて拝んでいる人、いろいろです。
熱烈なファンも多く、ゴールするまでは帰らない。という方もいました。会社は大丈夫なんだろうか・・・ちょっと心配。。。。

予定していたゴール日は6月3日。
先頭集団のほんの一部は、ゴールしたものの、依然『一斉ゴール』はありません。
スタートからサポートしている『AMSL(阿嘉島臨海研究所)』の方は、『現在、40キロ地点でスパートをかけ始めました。もう少しゴール地点で待っててね』
とのことでした。

おとといは、猛烈なスコールに稲妻のような雷とゴールを妨げるような、厳しい洗礼もありましたが、事故・怪我なく順調に走り続けているようです。
引き続き、現場でリポートを行います。

『がんばれ!!ミドリイシ!!!』               リポーター 大柳公也